地震保険 火災保険

火災保険の相場を検討ナビ

地震保険は、火災保険とセットで加入する仕組みの保険

地震保険は、ほかの保険とは異なる点があります。

まず、どの損害保険会社でも、地震保険に加入することができるというわけではありません。

つまり、すべての損保会社が取り扱っている、保険ではないということです。

また、単独で加入することはできず、必ず火災保険とセットで契約しなければならない保険となります。

保険金額に関しては、火災保険の保険金額の30%~50%の割合で、地震の保険金額は設定します。

ただし、建物は5000万円、家財は1000万円が、限度額となっています。

契約期間は、火災保険にあわせることができ、最長で5年までの保険料を一括で支払う場合には、保険料が割安になります。

地震保険は、国の法律に基づいて政府と損保会社が、共同で運営している公共性の高い保健という性格上、どこの保険会社で加入しても、保険内容や保険料は同じです。

ゆえに、この保険では、損保会社に利益は生じることはありません。

保険料から経費を差し引いた金額を、保険料の支払いのために積み立てることが、各保険会社に義務づけられています。

その代わりに国が、「再保険」という形でバックアップする保険であり、1回の地震につき6兆2000億円までは、保険料の支払いが保証されています。

1社だけでなく、火災や地震の保険は、2社以上に加入することができます。

ただし、2社以上に加入したとしても、実質支払われる保険金は、1社分のみになる可能性は高いのが現状です。

なぜならば、これらの保険は、建物・家財の再調達価格に合わせて、補償額が決まっているからです。

そして、それを越えた保険金額の契約はできないようになっているからです。

ちなみに、地震の保険では、原則として、自動車や貴金属、美術品は、補償対象外となっています。

そのために、自動車保険に、「地震・噴火・津波車両全損時一時金特約」が、2012年1月から付帯することができるようになりました。

全損時には一時金50万円が支払われます。