火災保険 一戸建て

火災保険の相場を検討ナビ

一戸建ての火災保険の相場と保険料の違いと節約方法

一戸建ての火災保険は、マンションと異なり住宅の構造によって等級というものがあり、これによって保険料が変わってきます。

そのため戸建ての場合は、住宅の構造によって保険料の相場が異なってきます。

それは実際に火災になった時に燃えやすい構造と燃えにくい耐火構造があるからです。

つまり耐火が高い場合、実際に火災になった時に延焼を最低限に留めることができ、被害を小さくすることができるため保険料が割安になります。

それは言い換えれば、木造の構造であれば、燃えやすいため保険料が割高になることが分かります。

そして住宅の構造の違いは、コンクリート、ブロック、レンガ、木造などがあり、この順番で保険料が変わってきます。

それはコンクリートなどの場合は保険料が割安になり、木造の場合は保険料が割高になります。

そのため一戸建てを購入する時は、火災保険の保険料のことも考えて、構造に着目することで保険料を節約することができます。

また戸建てがマンションと異なるのは、それぞれの延床面積や購入額が大きく異なることです。

建物が広い住宅の場合と狭くて小さな建築面積の場合、保険料が異なってきます。

このことから戸建ての場合は、構造と規模などによって保険料の相場が変わってくることになります。

しかしおおよその目安として、年間で15000円前後になることが多く、高くても20000円ぐらいが加入する時の目安になります。

これに特約や家財や地震の時の備えに対しての保険を加えると保険料が高くなりますが、万が一に対してしっかりと備えることができます。

特に地震の時の備えは、火災とセットでないと加入できないため、加入することで安心して生活を送れることになります。

そして不動産を購入する時には、ほとんどの方が住宅ローンを組むことになり、この時に火災の保険に加入することが多いです。

この場合、保険料が割安になることもあるため、この時に加入することで保険料を節約できます。

また一括払いだと保険料を割引してくれることが多く、ずっと住み続けることを考えると長期で契約するとかなり保険料の総額が変わってきます。

このように一戸建ての火災保険の相場は、建築構造や延床面積、保険の加入方法などによって大きく保険料が変わってくることになります。

それはこれらのことを知っておくことで、保険料を節約できることになります。