火災保険 補償範囲

火災保険の相場を検討ナビ

火災保険の補償範囲と免責事由

火災保険は、火災などによって破壊された「建物」と「家財」に対して補償する保険です。

契約を交わす前に補償内容と範囲、免責事由について、契約書を確認する必要があります。

まず、保険の基本的な補償範囲ですが、何らかの原因で火災が発生して家屋が燃えてしまった場合に保険金が支払われます。

「火災」以外でも、例えば、台風で屋根が吹き飛ばされた場合の「風災」、大雨や洪水で床上浸水になった場合の「水害」、「落雷」による破損などの自然災害による損害は補償されます。

但し、地震や火山噴火、あるいはこれらによって発生した津波による災害は地震保険の補償対象となります。

また、空き巣に窓ガラスを割られて侵入された場合の「盗難」など、日常生活における災難や事故についても補償される場合が多いです。

いずれのケースでも、建物と家屋の両方が補償対象になるか、いずれか一方だけかは被害の状況と事由によります。

例えば、「落雷」を例にすると、過電流によって家屋やマンションの電気設備などが故障した場合は建物が補償の対象になり、部屋にある電化製品が故障した場合は家財が補償対象になります。

但し、いずれのケースも発生原因によって、保険金が支払われない場合があります。

これは保険約款の中に「免責事由」として記載されています。

免責事由の1つに「契約者の重大な過失による事故」は免責されるとありますが、これは、容易に火災などの災害が予見・防止できるのに注意を怠ったために発生した事故、という意味です。

過去の事例では、ガスコンロで鍋に点火した状態でその場を離れて火災になったケースで、利用者(契約者)の重大な過失が裁判で認められたことがあります。

このケースが常に免責事由に当たるとは限りませんが、裁判になった場合は、どの程度、防止できたかが焦点になります。

最後に、火災保険で補償する範囲には、火災等によって破壊された建物と家屋以外に補償される「費用保険金」が含まれます。

例えば、建物が全焼した場合の取壊し費用や撤去費用の一部が支払われる規定です。

または、火災の拡大を防ぐ目的で消火器などの消化器具を使用した場合に、これらの消化器具を再取得した場合の費用も補償されるものです。


火災保険を契約する前には、これらの補償範囲や免責事由を必ず確認しなければなりません。