火災保険 選び方

火災保険の相場を検討ナビ

自分に合った火災保険の選び方

火災保険は火災にあったときに被害にあったビルやマンション、一戸建てなどの建物や家財道具類の保障をするものをいいます。

保障となる対象ごとに保険をかけなければ保障されません。

火事で建物や家財道具類が焼失してしまっても、建物にだけ保険をかけて、家財道具類に保険を掛けなければ建物のみ保障されることになります。

火災保険で保障されるのは火災の被害のときばかりではありません。

落雷により家電製品に被害があった場合や、台風で屋根瓦が飛んでしまった場合、また、洪水により床上浸水の被害にあった場合も、保険の対象となる場合があります。

いずれも保障の対象に加入する必要があります。

また、空き巣による盗難被害にあった場合や、配水管の破損が原因で床が水浸しとなる被害にあった場合の事件や事故による被害の補償も対象となります。

上記による被害にあった後の後片付けや清掃などの費用も対象に含まれます。


ただし、地震による火災の被害にあった場合は保障の対象にならない場合がほとんどです。

地震による火災の心配がある場合は地震保険に加入しなければなりません。

保険のタイプやプランは様々ありますので、自分のライフプランに合った選び方をするのが良いでしょう。

例えばマンション暮らしの場合、地震による揺れや上階の水漏れによる被害にあうことが考えられますので、地震保険の加入や水漏れを保障の対象にしたプランを選ぶのも一つの手段です。

また、一戸建ての家に暮らしている方の場合、周りの環境を考えて台風や水害などの被害のリスクが低いのであれば、建物のみの必要最小限の保障プランを選んだり、逆に近くに川や海があれば水害によるリスクを押さえるために水害の保障プランを選んだり、貴金属の盗難が気になる場合は盗難の保障プランを選ぶなど、必要な分だけの保障プランを選ぶのが良いでしょう。

プラン内容によって保障価格や保険価格も様々あります。

家計をやりくりしながら無理、ムダのない保険選びをしましょう。